ブログ

起業するにはどうすればいいの?③定款の雛形種類

起業定款雛形

かなり間が空いてしまいましたね。
なかなか時間がとれず、お恥ずかしいです。

さて、起業するとなると必要になる会社の定款。
会社の法律なわけですから、しっかりと決めなくてはいけません。

前回も書きましたが、ネットでいくらでも雛形を見つけられます。
しかも、無料!

今回は「定款 テンプレート 無料」で検索してみました。

起業定款テンプレート

かなりたくさんのサイトが見つかりました。
いくつか見て、使いやすそうな定款の雛形を見つけてください。

後は、ダウンロードするだけ。
簡単です。

私はワードでダウンロードできるものを選びました。
それぞれ自分の使いやすいファイルのものを選ぶといいですね。

ネットでは、行政書士さんとか司法書士さんが定款を作ってくれますよアピールもしています。
もちろん、とっても忙しくて本業しかできないような方は時間をお金で買うためにも専門の方に依頼するといいです。
でも、まだこれから起業していく人たちは勉強のためにも自分で定款からやってみるといいですよ。
勉強にもなりますし、お金の節約にもなります。

起業するには最初にそこそこお金がいります。
節約できる部分は節約するにこしたことはありません。
これで数万円が節約できるのですから、定款のテンプレート相手にがんばりましょう。

無料で定款の雛形をダウンロードできるサイトから、自分の会社にあったものを選びます。
自分の会社がどんな会社かそれによって定款も違ってくるんです。

そういえば、もっともっと基本的な部分ですが・・・
会社の違いってご存知ですか?
定款の内容も会社の種類によって違いがあります。

うちの会社は「株式会社」って決めていましたので、そこにふれずに定款の話を書いちゃいました。汗
会社って一言でいっても、実はいろいろと種類があるんです。
その違いを先に書いた方が良かったのでしょうか・・・。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る